こんにちは!株式会社翔組では、加古川などの兵庫県を中心とした全国各地で足場工事・プラント工事などを請け負っております。
弊社は「工事における安全性を受け持っている」という考えのもと、プロの職人として高品質な足場をご提供してきました。
今回はとび職の基本用語について詳しく解説していきます。

足場ととび職

とび職では「足場」という用語がよく出てきます。
足場は、高いところで作業をする際の足掛かりとなる設備のことです。
足場を設置することで、建築や修理、塗装など、他の作業がスムーズかつ安全に作業できるようになります。
とび職はその足場を組んでいるのです。
実はとび職の歴史は古く、飛鳥時代の書物において当時すでにとび職がいたと確認されています。
このように、はるか昔より足場工事は重宝されており、工事を円滑に進ませるための要となっているのです。
また、とび職は別の作業員より早く現場に入り、建設中に事故がないように安全な足場を組む必要があります。
足場工事をおこなうとび職は、建設現場に必要な足場をセッティングするスペシャリストであり、現場に欠かせない存在なのです。

腰道具とは

腰道具とはその名の通り、腰に巻き付けるウエストポーチのようなもので工具を収納することができます。
とび職は高い場所での作業が多くあるため、常に両手がふさがっている状態だと事故の危険があります。
そのため、身軽にする必要があるのです。
また、よく使用する工具をすぐに取り出せるようにしておくことで、作業効率が向上します。

【求人】新規スタッフ&協力業者様を募集中!

現在弊社では、プラント工事の新規スタッフを募集しております。
経験や資格、学歴は一切問いません。
未経験の方は先輩スタッフが丁寧に指導を行ないます。
また、弊社は無事故・無災害で工事安全優秀会社に選ばれるなど、スタッフが怪我をしないよう、安全性を追及している会社です。
熱意ある方からのご応募お待ちしております。
また、協力し合える協力業者様を募集しております。
お互いの業績や技術向上のためにサポートし合える関係を築きましょう
メールでのお問い合わせ(sho-gumi@iris.eonet.ne.jp)をお待ちしています。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


加古川をはじめ兵庫各地のとび足場工事・プラント工事は(株)翔組

業務拡大につきとび職の求人情報を掲載中です!

各種お問い合わせはこちら
〒675-0147
兵庫県加古郡播磨町南大中2丁目7-43