こんにちは!株式会社翔組では、加古川などの兵庫県を中心とした全国各地で足場工事・プラント工事などを請け負っております。
とび職という仕事は、どんな場所で活躍しているのかご存じですか?
今回はとび職の活躍の場についてご紹介しますので最後までご覧ください。

とび職の活躍の場とは?

まず、とび職は建築現場において、比較的高所での作業を担い、足場づくりや骨組みの取り付け等を専門的に行う職業のことをいいます。
そんなとび職が活躍する場は大きく三つに分かれます。
1つ目は、鉄骨造の建物で鉄骨を扱う現場です。
このような鉄骨を扱うとび職を鉄骨鳶と言い、鉄骨を吊り上げるための準備や鉄骨を取り付ける作業を行います。
また、高所への資材搬入も行います。
2つ目は、新築工事で先行して足場を設置する作業です。
先行足場は作業開始時に設置され、以降の作業において多くの作業者が使用します。
高所での安全性や効率性を高めるためにも、先行足場の設置は最も大事な作業といえるでしょう。
3つ目は、大型機械などの重量物の搬入作業や設置解体作業です。
この作業で扱う物は、工場や医療用の機械などです。
また、電気工事や配管に関する専門的な知識も必要になる場合もあります。
こういった重量物の搬入などを専門として活躍するとび職を重量鳶といいます。

とび職は建設現場に欠かせない仕事

建設現場では高所での作業が必要です。
建築業界では「足場の設置に始まり、足場の解体に終わる」と言われており、この足場の設置及び解体をとび職が行います。
また、とび職は新築工事だけでなく、塗装工事や防水工事、配管工事といった際にも必要とされ、作業現場が住宅街であれば、隣家への配慮も考えて作業を行います。
そのため、高所での足場設置から取り付け、搬入作業を環境に合わせて行うことのできるとび職はどんな建設現場においても欠かせない職業と言えるでしょう。

【求人】新規スタッフ&協力業者様を募集中!

弊社では、とび職として活躍して頂ける新規スタッフの募集をしております。
充実した教育制度があり、未経験からでもとび職を目指していくことが可能となっています。
ぜひ、弊社でとび職として活躍しませんか?
また、協力業者様も募集しております。
兵庫県加古川市を中心にプラント工事をメインとして幅広く対応しておりますので、協力業者様になりたいという企業様はお気軽にご連絡ください。
メールでのお問い合わせ(sho-gumi@iris.eonet.ne.jp)をお待ちしています。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


加古川をはじめ兵庫各地のとび足場工事・プラント工事は(株)翔組

業務拡大につきとび職の求人情報を掲載中です!

各種お問い合わせはこちら
〒675-0147
兵庫県加古郡播磨町南大中2丁目7-43